2010年04月21日

噴火で足止めの旅客、JAL機で成田到着(読売新聞)

 アイスランドの火山噴火で欧州の空の便が混乱している問題で、成田空港に16日到着した便を最後に欠航が続いていた日本航空のモスクワ発の便が運航を再開し、20日午前8時半、日本人ら乗客183人を乗せたJAL機が到着した。

<訃報>星野安三郎さん88歳=立正大名誉教授(毎日新聞)
田辺三菱に25日間の業務停止命令(医療介護CBニュース)
<薬師寺>映画「春との旅」奉納される(毎日新聞)
昔は不登校、今は仕事の挫折で…ひきこもりの高齢化(産経新聞)
菅家さんが選挙権回復=「市民として社会参加」−栃木(時事通信)
posted by ヤスダ コウジ at 01:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月17日

愛されなかった過去 親への憎しみが自分の娘に(産経新聞)

 わが子を虐げてしまうのはなぜか。専門家の間では、虐待を引き起こす親には4つの要素がそろっていることが指摘されている。

 「多くの親に子供時代、愛された体験がないこと」

 「経済不安や夫婦不和、育児負担など生活にストレスが累積していること」

 「心理的、社会的に孤立していること」

 「望まぬ妊娠や育てにくい子など、親にとって意に沿わない子供であること」

 連載の第1回で紹介した、3歳の一人娘をどうしても愛せないと苦しむ東京都の主婦、秋山美樹さん(36)=仮名。彼女は8歳のときから継父に性的虐待を受けてきたという。

 「妊娠して、子宮が毎日大きくなるにつれ、初めて虐待を受けた子供のころを思いだした。おっぱいが張ってくると、『小さいころに触られたおっぱい』と意識してしまった。娘が生まれても『何? このサルみたいなしわくちゃの固まりは』としか思えなかった」

 虐待の記憶があふれ出てどうしようもなくなり、記憶を絵に描くことで心を静めたこともあったという。

 秋山さんは「本当は子供を持ちたくなかったが、女として1人は産みたかったし、世間体もあると思った」と話し、こう続けた。

 「自分の親への憎しみ、自分が愛されなかった寂しさから、娘に『なぜお前だけは愛されないといけないの?』と怒りや憎しみを抱いてしまう。秋田の連続児童殺害事件を起こした畠山鈴香(受刑者)っていましたよね。私は、娘を橋から突き落としたとされた、あの人の気持ちがよくわかる気がする」

 ■虐待者3割「連鎖」

 子供時代に虐待を受けて育ち、やがて自分も親になったとき、わが子を虐待してしまう−。虐待の「世代間伝達(世代間連鎖)」と呼ばれ、虐待する親の3割に当てはまるといわれる。

 頼るべき親から踏みにじられ、自分がかけがえのない存在だという「自己肯定感」を持てずに育った結果、わが子さえ肯定できなくなる母親。親から「しつけ」と称して暴力を振るわれ、自分が親になったときにも暴力でしか問題を解決できなくなる父親たち…。

 茨城大学の数井みゆき教授(49)=発達心理学=は「虐待は、外部が何も介入しなければほぼ確実に連鎖する。3割にとどまっているのは、多くの人が成長の過程で、外部の大人たちから自然にさまざまな援助を受けているからだ」と指摘し、こう述べた。

 「ならば、適切な援助により連鎖は減らせるし、早期にきちんと介入すればゼロにもできる。それをしないのは社会の怠慢、ネグレクトというほかない」

 ■夫が「ネグレクト」

 ネグレクトされているのは子供たちだけではない。

 秋山さんの夫は生命保険会社に勤め、経済的に不自由はないが、帰宅後も米国公認会計士の資格を取るための勉強に没頭、子供や家庭に目を向けないという。

 5歳の長男に虐待を続ける千葉県の主婦、柴田かえでさん(23)=仮名=は18歳での出産だったこともあり、おむつのつけ方も母乳の与え方も分からなかった。げっぷをさせることができず、母乳を戻してギャーと泣くため、どうしようもなくて救急車を呼んだこともあったという。

 柴田さんは「たとえば、夫に『はい、はい』と聞き流してもらうだけでも、ずいぶん気持ちが楽になったはずなのに」と話し、祈るようにこう訴えた。

 「それでも夫がいるだけでぎりぎり子供を殺さずにすんでいる。友達も支えてくれている。本当に親身に話を聞いてくれる人が必要だと思う。誰かがいてくれることが大切だと思う」

【関連記事】
息子の目は鬼でも見るかのようだった…止まらぬ虐待
6カ月長男虐待の父「ベッドから落ちた」 妻らに言い訳
「かっとなって」3歳の娘を母親が虐待、意識不明に
大阪の2歳虐待死 子供の愛想笑いに怒りか
門真の2歳児虐待 母も認識?少年問いつめる
外国人地方参政権問題に一石

<東ティモール>子どもたちにサッカーボール 湘南ベルマーレとPWJが贈る(毎日新聞)
<村本さん死亡>遠距離から銃撃 威力大きい実弾(毎日新聞)
郵政法案、20日までに国会提出=亀井担当相(時事通信)
山口組傘下の組長「滞在拠点」、神戸から追放へ(読売新聞)
悠仁さま お茶の水女子大付属幼稚園へご入園(産経新聞)
posted by ヤスダ コウジ at 02:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月12日

高級の逆襲 ブランド・百貨店、「良さ」PRで生き残り(産経新聞)

 高級ブランドや百貨店が新しい手法で独自の技術や品質を強調し、ファストファッションや低価格商品に対抗し始めた。ブランドイメージというあいまいな基準が、価格にシビアになった消費者から敬遠されつつある中、独自の取り組みで他社との差別化を目指している。(小川真由美)

 伊勢丹新宿店(東京都新宿区)は今月6日まで、仏クリスチャン ディオールのかばんと宝飾品の製作実演会を開催。ディオールが一般向けの実演を行うのは創業以来初の試みだ。本館1階でキャリア50年の職人が1日3回、木型に沿って革を裁断したり、縫い付けたりする作業を披露。神奈川県鎌倉市の主婦(55)は「かばんにかける手間暇を知って値段の高さに納得した」と話す。

 伊勢丹では実演は主に紳士物で実施し、婦人物でしかも海外の高額商品では珍しい。MD統括部インターナショナルの宍戸賢太郎バイヤーは「うんちく好きは今や男の特権ではなく女性にも多く、不況下でも予想以上の手応え」。事実、かばんの売り上げは新規顧客が通常より多く、実演が販売実績に直結した格好だ。

 高島屋大阪店(大阪市中央区)は先月2日のリニューアルで、高級ブランドを同一フロアに集めた。男女のアイテムを並べて販売するほか、インナーや小物など雑貨を近くに置いて全身の着こなしを提案。売り上げは前年同期比で33%増(先月29日現在)と好調だ。MD本部の星野裕司部長は「今の富裕層は高額品と低価格品を使い分ける。ブランドや価格帯を超えた売り方が必要」と話す。

 一方、伊エミリオ・プッチは京都市の職人と共同で最高級の絹糸を使った西陣織の帯を製作した。曲線と幾何学模様で構成される独特のプリント柄を1年7カ月かけ、全通(帯全体に柄があるもの)の帯に再現させた。この帯を機にブランドを知った人が少なくないという。権藤嘉江子日本法人社長は「ブランドの伝統を従来と違う形でアピールできた」と満足そうだ。

 三陽商会(東京都港区)は自社ブランド「SANYOコート」の紳士コートで分散していた価格帯を見直し、低価格群と約10万円の高級ラインに大別。高級ラインは工程を従来の160から200に増やし、衿など細部の縫製を手作業で行い、機械では難しい仕上がりを実現した。昨年比で倍の売り上げを目指す。

 監修のデザイナー・滝沢直己さんは「安くてそこそこ良いものが増えた今、『ものすごく良いもの』しか売れない」と指摘する。

 ■ディオールCEO 高い技術見せる時期

 伊勢丹新宿店での製作実演会に合わせて来日したクリスチャン ディオール クチュールのシドニー・トレダノ社長兼CEOにその狙いを聞いた。

 −−世界初の製作実演会をなぜ日本で行うのか

 「ファストファッションが広がる中、今こそわが社の持つ高い技術を見せる時期だと思う。優れたデザイナーの世界観を商品で表現するのが熟練の職人。卓越した技は人を感動させる。高い品質とサービスを知る日本が最適だと判断した」

 −−低価格に対抗できるか

 「われわれのターゲットは富裕層中心で市場が違う。高級ブランドで今後生き残るのは歴史と伝統、時代に流されない真の技術と革新性を持つ企業だけだろう。百貨店は親子連れも多く、今回は次世代へのアピールにもつながる」

 −−日本へのメッセージは

 「人生には数々の試練があるが、世界的に日本は先進的で強い国。もう少し自信を持ってよいのでは。人生を大いに楽しみ、買い物をたくさんしてほしいな」

【関連記事】
鉄ちゃん必見、10万円模型も登場 京阪電鉄100周年展
ヤマダ“駅前侵攻”を加速 池袋の次はヨドバシの新宿
北海道物産展でダントツ人気の“ほろよい豚” 札幌に移住した名物バイヤーが開発
変わる百貨店の物産展 ネット通販と連携、格安弁当も
7千万円売りつけた百貨店…高齢者狙う有名企業の高額販売

与謝野元財務相 新党結成で合意 平沼元経産相代表就任へ(毎日新聞)
通所介護など好調で営業利益2.7倍―メデカジャパン(医療介護CBニュース)
虐待の恐怖から救え 松本聖香さん事件から1年 遺族、厳罰化訴え(産経新聞)
<鴨川をどり>あでやかに衣装合わせ 京都で5月1日開幕 (毎日新聞)
プライバシー配慮?「裁判員」回避で強姦容疑に(産経新聞)
posted by ヤスダ コウジ at 11:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。