2010年04月29日

参院選比例で同一略称は「受理」=「日本」使用で−政府答弁書(時事通信)

 政府は27日の閣議で、新党「たちあがれ日本」が参院選比例代表での略称を新党日本と同じ「日本」と決めたことに関し、中央選挙管理会にそれぞれの政党から同じ略称の届け出があった場合は現行の公職選挙法上、「受理せざるを得ない」とする答弁書を決定した。新党日本の田中康夫代表の質問主意書に答えた。
 答弁書は、公選法の略称に関する規定部分が議員立法のため、「制度を変更するに当たっては、各党各会派で十分議論していただく必要がある」としている。
 参院選で両党が同じ略称を届け出た場合、「日本」と書かれた票は有効投票数に応じて案分される。新党日本は26日、中央選管に「日本」を略称とすることを届け出て、受理された。 

【関連ニュース】
与謝野、舛添氏を除名=園田氏ら5氏の離党届は受理
郵政、将来に完全民営化=「たちあがれ」が公約骨子
新党改革が会派結成届
新党の選挙協力に意欲=平沼氏
「新党改革は第3自民党」=みんな・渡辺氏

証人「白い服の男が走り抜けた」被告は正面から見すえ…(産経新聞)
高速料金 首相値上げ幅圧縮示唆、前原氏には「見直さず」(毎日新聞)
「住民のつながり薄く解決困難に」世田谷一家殺害、遺族が地域連携訴え(産経新聞)
比例に元キャスター=みんな(時事通信)
6月に「介護保険ホットライン」(医療介護CBニュース)
posted by ヤスダ コウジ at 11:19| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。