2010年06月08日

【首相辞任】「小沢氏が引導」「母からの大金が…」「あの親指は?最後っぺ?」 識者も唖然(産経新聞)

 2日、退陣を表明をした鳩山由紀夫首相に対し、識者からも厳しい反応が寄せられた。

      ◇

■政治評論家の三宅久之氏

 「自民党が明日にも内閣不信任案を出す動きがあり、民主党は否決せざるを得なくなる。そうなるとすでに死に体の鳩山首相をやめさせられなくなるため民主党が動いた。首相は正直な人でもあり、昨日の小沢一郎民主党幹事長らとの会談の時点でもやめる気はなかったはずだが、昨夜に小沢氏あたりが、引導を渡し心境が変わったのだろう。民主党はこれで多少支持率は上がるので、結局自民党は後手に回った」

■国定浩一・大阪学院大教授(日本経済)

 「当然の結果。鳩山首相の問題は大きく2つあった。一つは普天間問題で、8カ月もの時間を空費して結局元通りになった。その間、景気対策をおろそかにした責任は大きい。もう一つは政治とカネの問題。母親から大金をもらいながら本人は『知らない』と言い続けた。これを信じる国民は誰一人おらず、国民の納税意識を著しく損なわせた。ただ、民主党に国民の期待が集まり政権を取ったのは事実なのだから、新しいリーダーによる景気対策に期待したい」

■フリープロデューサーの木村政雄氏

 「昨夜、親指を立てたのは一体何だったのか。鳩山首相のリーダーシップのなさ、発言のブレがこの事態を生んだ。政治とカネの問題の責任を取るのなら小沢氏の辞任も当然だ。しかし、2人とも辞めて自民党はかえって攻め口をなくしたのではないか。もしかしたら鳩山首相なりの“最後っぺ”なのかもしれない。これまで空気が読めないといわれてきたが、最後の最後に空気を読んだ」

【関連記事】
「すべてが中途半端」「何だこりゃ」「辞めるって逃げること」 あきれた街の声
総理辞任後の街の声、「仕分けは評価」「借金残した」「交代も無意味」…
口蹄疫被害農家、首相に怒り「昨日の言葉は何だったのか」
兄の辞任に邦夫氏「こんなみじめな…耐えられない」
首相「今日までがんばってきたつもり」 総会で退陣表明
「はやぶさ」帰還へ

辞任会見開催に首相「私が決めることでない」 出邸は15分遅刻(産経新聞)
小児がん医療の新たな壁「晩期合併症」(上)(医療介護CBニュース)
「政権空白」ないよう指示=鳩山首相(時事通信)
旅先で野球拳「私的な席とはいえ…」町長陳謝(読売新聞)
不正流用 ローソン子会社の元専務ら特別背任容疑で逮捕(毎日新聞)
posted by ヤスダ コウジ at 16:33| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。